自分らしく生きることを可能にする医療

ギリシア語の「holos」(全体)を語源とした造語である「Holistic」は、
エコロジカルな社会を目指す人たちにとって最も重要なキーワードの一つです。
世界的に実践され、日々、その内容は進化しています。

「全体的」「全的」「全体論的」「包括的」などと訳されています。

同じ語源から生まれた言葉には、
「Whole」(全体)「Heal」(治癒)「Holy」(聖なる)などがあります。

人間を肉体だけの存在として考えるのではなく
感情、思考、精神なども含め、
全体とし捉えていく医療コンセプトです。

「ホリスティック」とは、その人らしい生き方の実践です。
周囲とのつながりの中で、自分らしく伸び伸びと生きていくことを言います。

病気や精神的ストレスなどの重圧が加わっても、
自分らしく生きることを可能にしてくれるもの。

それこそがホリスティック医療なのです。

「健康」と「病気」の間には、境界線など存在していません。
あるのは、生き方のみです。

私たちが、「より良く生き、より良く死ぬ」ために、
本来の医療に戻る必要があります。

そのためには、私たち一人ひとりがホリスティックな生き方に目覚め、
日常生活の中で実践していくことではないでしょうか。

八ヶ岳ユートピアン治療院が提唱する
実践的なホリスティック医療は
大きく分けると4つのカテゴリーがあります。

①人間を4つの側面で捉えるホリスティック医療を実践する
②リーディング・キネシオロジー©の理論と技術を活用する
③心のバランスを狂わす心理的逆転現象©を解除・調整する
④生まれてきた目的(生命のシナリオ)を思い出し、最適化する

4つのカテゴリーは「ユートピアン・T・メソッド」として
体系化され、より具体的で、効果のある治療を実践しています。

人間は肉の塊ではない

人間は食料ではありません。
単なる肉の塊ではなく
意思エネルギーを内在した大いなる存在です。

未来を創造できるイメージ力をもち
周囲の環境を変えていくことができます。

このイメージをどの方向に使用するかによって
未来が決定していきます。

破壊的な状況を生み出すのか?
調和に満ちた状況を生み出すのか?

それは意思エネルギーの根源である
生命をどのように捉えるかで決定されます。

「ユートピアン・T・メソッド」では
人間を4つの側面で捉えていきます。

実際に、生命は分離することができないのですが
4つの構成要素があると考えて下さい。

この要素の配分割合によって
さまざまな存在が生まれてきます。

人間の4つの側面

知られていない5つの医学流派

19世紀初頭頃までは、医学には大きく5つの流派があり
均衡を保ちながら、成立していました。

その5つの流派を簡単にまとめます。

①ナチュロパシー(自然療法)…食事療法、温泉療法、温熱療法、半身浴など

②オステオパシー(整体療法)…指圧、マッサージ、鍼灸、カイロプラクティク、ストレッチなど

③サイコオパシー(心理療法)…催眠療法、対話療法、グループセラピーなど

④ホメオパシー(同種療法)…自然治癒力を高めることを目的、レメディで抵抗力を増進する。

⑤アロパシー(薬物療法)…現代医学、対症療法、異種療法

しかし、それら5つの流派が均衡を保って存在していたのに、
現代ではアロパシー(薬物療法)が主流となり、
それ以外は「代替療法」と呼ばれるようになりました。

ホリスティック医療は
5つの流派のメリットとデメリットを考慮し
西洋と東洋の統合をする医療体系です。

チャートで分類するホリスティック医療

人間の存在を全体として考えるホリスティック医療は
代替医療と呼ばれています。

現在、世界中に多くの代替医療が存在していますが、
日本でも多くの手法を受けることができるようになりました。

このチャートは、それぞれの手法が主に焦点を合わせる
領域を大まかに示したものです。

セラピスト(施術者)の考え方、経験、姿勢や
クライアント(受け手)の状況や性格により
効果の違いや効果が現れる領域が異なります。

それぞれの手法を受けた人が、
同じ体験をするわけではありません。

それどころか、すべての人が
違う体験をすることになります。

施術において重要な事は、自らの意思をもって
選択する姿勢です。

人間の意思がすべてのスタートになります。

このチャートは、あくまでも手法の分類として
参考程度に捉えて下さい。

詳しくはそれぞれの専門セラピストに確認下さい。

ボディの側面に影響が大きい


ボディの側面

ボディの側面に働きかける手法は
大きく2つに分けられます。

①ボディワーク系
ボディの側面に慢性的筋緊張(ブロック)という状態で
ストレスやトラウマ(心の傷)が記憶されており、
マッサージすることで解放する手法。

②エネルギーワーク系
ボディの側面に次元を超えたエネルギー体(エーテル体)が
存在しており、そこを流れるエネルギーの滞りを取り除いたり、
バランスを回復したり、浄化することが目的の手法。

この2系統の中間に位置する手法も存在しています。

エモーションとメンタルに影響が大きい


心の問題にアプローチする手法です。

社会生活の中でストレスなどの重圧により
過呼吸症候群、胃潰瘍、自律神経失調症など
ボディの側面に症状が現れ、心療内科に通院し
投薬療法やカウンセリングを受けている人が
増加傾向にあります。

心(エモーションとメンタル)と肉体(ボディ)は
本来、ひとつにつながって分離することができず、
両方の側面で症状を捉える必要があります。

ボディの側面で効果が出にくい場合、
エモーション、メンタルの側面から
アプローチすると症状が劇的に改善することがあります。

あくまで
人間を全体として捉えていく多角的視点が要求されます。
ホリスティック的な生命観です。

また、心理的に重要な問題を抱えているわけではないが

「生きている目的を知りたい」
「もっと自由になりたい」
「不足感を埋めたい」など

より良い生き方を求めている人も増えています。

潜在意識もしくは無意識領域には、
人間の膨大な情報が蓄積されているといわれ、
この情報にアクセス(つながる)することで
生命のライフプラン(シナリオ)を
探り出すことができます。

潜在意識に働きかけていく手法が主流を占めています。

エモーションとメンタルの側面

スピリットの側面に影響が大きい


スピットの側面は
スピリチュアリティ、スピリチュアルなどと呼ばれ
個人によってさまざまな定義付けがあります。

八ヶ岳ユートピアン治療院では
人間をボディ、エモーション、メンタルだけでなく
スピリット(生命の核になっている部分)が存在し
「あなたの本体」と呼んでいます。

「自分らしいあなた
「本当にやりたいことを知っているあなた
「人生のプロデューサーであるあなた」のことです。

精神的、肉体的な苦痛を減らすことができる
叡智が情報として存在しています。


スピリットの側面



a:2558 t:3 y:3