セミナーで指摘されていない、大きな落とし穴

「心理的逆転現象」という言葉を、
初めて目にすると思います。

これから書く内容は、
誰も言わなかったことであり、
誰も書かなかったことです。

治療をしている人、
心理カウンセリングをしている人、
自己啓発セミナーをしている人、など
ごく一部の人たちが知っている内容です。

医療従事者でも、あまり知られていない
言葉だと思います。

最初は戸惑うかもしれませんが
ホリスティック医療を実践する上で
非常に重要な概念になります。

ボディの側面だけのアプローチでは
すぐに限界が生じてきます。

その限界を突破できない理由のひとつが
「心理的逆転現象」なのです。

心理的アプローチを手法の中に取り入れない限り
ボディ本来の力を引き出すことは不可能なのです。

そして、この概念を理解すると

「なぜ、今まで、夢や願望が叶わなかったのか?」
「なぜ、治療の効果を引き出せないのか?」
「なぜ、頭では理解しているのに、体が反応してしまうのか?」

これらの疑問が解決していきます。

これも「心理的逆転現象」です

「いろいろチャレンジするけれど、最後までやり通せない」

「ダイエットしたいのに、ついつい食べ過ぎてしまう」

「人間関係を改善したいのに、スムーズにいかない」

「人生のパートナーを探して結婚したいのに、見つからない」
  
ということで、悩んでいるなら・・・

あなたに間違いなく
「心理的逆転現象」がおこっています。


心理的逆転現象

人は仕事だけでなくプライベートでも成功したいと思い、
たくさんの自己啓発書を読みます。

セミナーにも参加して、いろいろなテクニックを習得します。
しかし現実的には、なぜかうまくいかない人がほとんどです。

このテクニックだけ知って、
実際に行動を起こさない人のことを
「ノウハウコレクター」などと呼びますが、
この現象を引き起こす仕組みは
実は奥が大変深いのです。

その理由は、これまでの自己啓発書や自己啓発セミナーでは、
解決できない大きな落とし穴があり、誰もそれを指摘していないからです!

もし、あなたが、
「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」といった、
本来はポジティブでパワーのあるアファメーション(宣言する言葉)を
100万回唱え、どれほど頑張って成功しているイメージをし、
自己啓発セミナーのはしごをしても

「人生がうまくいかない」と悩んでいるとしたら、、、

これも、あなたに間違いなく
「心理的逆転現象」がおこっています!

言葉が引き金になり、周囲を巻き込んでいく

ポジティな言葉は、大きなパワーを秘めています。
しかし、「心理的逆転現象」は
言葉が引き金となり、おこる現象です。

この現象を引き起こす言葉を
「トリガーキーワード」と呼びます。

まさしく引き金になり、自分や周囲の人達を
巻き込んでいく鍵となる言葉です。

重要なポイントは、
ポジティな言葉でも「心理的逆転現象」がおこり、
判断を狂わす原因のひとつになりうるということです。

ポジティな言葉だからといって、
数多く言えば良いのではないということです。

ポジティな言葉を使うときに
その言葉を使用しても「心理的逆転現象」が
発生しないことが最低条件です。

今までの臨床経験上、多くの人がポジティな言葉でも
「心理的逆転」に入ります。

「ありがとう」、「ありがとうございました」、「ツイてる」
「感謝します」、「許します」、「愛されています」など

まだまだたくさんありますが、
ポジティな言葉でも数多く使用することで
「心理的逆転現象」の症状がさらに進みます。

まず、自分がどの言葉によって「心理的逆転現象」が
おこるのかを確認する必要があります。

確認後、その言葉を使用しても「心理的逆転現象」が
おこらないように解除、調整テクニックをおこないます。

大事な決断が、すべて逆になる

「心理的逆転現象」は、ひと口で表現すると、
「あべこべ現象」です。

例えば「願望を達成したい」と頭で考えているのに、
潜在意識では「達成できない」ように考え、
選択し、行動してしまう現象のことです。

問題なのは、「心理的逆転現象」がおきていると、
本人がそれとは知らずに自分の進みたい方向とは
全く反対の方向に突き進んで行こうとすることです。

「心理的逆転現象」がおきているときに
大事な決断をすると、判断がすべて逆になります。

本当は、目的を達成するためには「左」を選択したほうがよい場合に、
なぜか「右」を意識的に選んでしまう心理状態になっています。

無意識ではなく、意識的に選択しています!

誰かにコントロールされているのではなく
自らの意思で選択している状況になっています。

「心理的逆転現象」がおこっていない、
あなたのまわりにいる人は、
「どうして、そんな行動をするのか?」と、
あなたの言うことやすることを理解できません。

しかし、あなたは真面目にその決断や行動が
正しいと信じ込んでいるので、
どんどん突き進んでいこうとします。

正しい理由を探し出し、正当化します。

本来の能力を発揮するためのテクニック

この世に「不幸になりたい」と思っている人はいません。
誰でも「幸せになる」ように生まれてきます。

しかし、「心理的逆転現象」がおきているときに、
もし人生を賭けるような大事な決断を下せば
「幸せになる」ではなく、「不幸せになる」方を
選択してしまうことになります。

「心理的逆転現象」がおきていると、
自分の能力を十分に発揮できなくなり判断が狂うのです。

人生を劇的に変化させるテクニックを
簡単に習得することもできます!

八ヶ岳ユートピアン治療院 植田孝は、
鍼・灸・マッサージの国家資格をもつ治療家です。
この臨床経験27年間に、4万7千人以上の治療にあたってきました。

この治療現場での臨床体験と保有する
4万例のデータから言えることがあります。

ほとんどの場合、患者さんが訴えている症状は、
単なる肉体上だけの問題にとどまりません。

必ず背後に心理的、および精神的な問題が潜んでいます。

それを解放して調整すると、身体的症状が劇的に改善するのです。

そして、人生そのものがうまくいくことがわかってきました。
その理由は「心理的逆転現象」が解除・調整されるからです。

人間を肉体だけの存在として捉えるのではなく
ホリスティック的な視点が必要とされます。

どんな人でも、この「心理的逆転現象」がおこっています。
その事実を自己啓発書や自己啓発セミナー講師も知りません。

八ヶ岳ユートピアン治療院治療院でおこなう個人セッションでは、
専門家が治療現場で使用する安心で確実なテクニックを使用します。

成功者とは全体のわずか5%程度

統計学的にみて、何をしてもうまくいく人は
100名中5名程度だと言われています。

現在出まわっている自己啓発書を読んで成功する人は
読者全体の5%なのです。

この5%の人は、成功のイメージをすれば
そのとおりに成功します。

願望実現のための努力も、そのまま報われます。

進むべき方向もブレません。

あなたがもし、この5%に入っていないなら、
運がないのでも、努力が足りないのでも、根性がないのでもなく

「心理的逆転」という「心理的なブロックがかかっている」可能性があります。


ナビシステムが暴走

「心理的逆転現象」は、ひと口で表現すると
「心理的なブロックがかかっている」状態です。

たとえば「願望を達成したい」と頭で考えているのに
潜在意識では「達成できない」ように考え
行動してしまう「あべこべ現象」を言います。

乗用車で例えるなら、無線が混線して
一時的にナビシステムが逆の方向を指し示し
それを知らないあなたは、自分が本当に行きたい場所とは
反対の方向にどんどん乗用車を走らせるようなものです。

ナビゲーション

「心理的逆転現象」がおきていない
あなたのまわりの人は、「どうして、そんな行動をするのか?」と
あなたの言うことやすることを理解できません。

しかし、あなたは真面目にその決断や行動が正しいと信じているので
どんどん突き進んでいこうとします。

「心理的逆転」は社会現象である

私たちが、この「心理的なブロック」状態に気が付き
セミナーや個人セッションの場で言い始めたのは2007年からです。

ここまで読み進めてきた皆さんの中には
「もしかしたら、自分にもこの現象がおきているかもしれない」と
直感的に感じる人がおられると思います。

「心理的逆転」という「心理的なブロック」状態には
次に挙げる特徴があります。

全体の95%が「心理的逆転現象」の調整が必要

1)誰にでも起きている
2)しかも日常的に頻繁に起きてしまう
3)そして厄介なことに、自分に起きている状態を自分では認識できない

先ほども記したように、解除・調整する必要のある人は
95%にも上ります。

言うなれば、一種の社会現象です。

そこで、私たちはこれを「心理的逆転現象」と名付けたのです。

ニックネームは、「あべこべ現象」です。

ちなみに、「私には関係ない」と思われている方も
次の項目をチェックしてみてください。

当てはまっているものはありませんか。

また、同じ職場に、ご近所に、家庭の中に思い当たる人が
いらっしゃるかも知れません。

「心理的逆転現象」を持つ人の性質

「心理的逆転 現象」が、自分に起きていることを
自覚できる人はまれです。

しかし、あとで考えたときに自分でもなぜそうしたのか解らない
というようなことはありませんか?

人生の広い範囲で起きる「心理的逆転現象」をもつ人の性質を
理解するために、心理療法士が使う標準マニュアルがあります。

これに基づいて、チェックリストを用意しました。

思い当たる項目に☑を入れてみてください。



[check]他に良い選択肢があるにもかかわらず、後で失望するような状況を選んでしまう。

[check]仕事、人、場所を選ぶときなどに、結果的にうまくいかない方を選択してしまう。

[check]あなたが困った状況に陥った時に、援助を受けつけない言動をすることがある。

[check]目標や仕事を、能力的があるのに、最後までやり遂げることができない。

[check]できない理由を見つけて、途中で挫折してしまうことがある。

[check]社交的で、楽しく生きる能力がありながら、そのチャンスをこばむ。

[check]自分に喜ばしい出来事がおきたときに、喜ばしく思えない。

[check]罪の意識をもったり、落ち込んだりすることがある。

[check]あなたを愛してくれる人、大切に扱ってくれる興味を抱かない。

[check]冷たいパートナーに惹かれ、暴力をふるわれても離れられない関係を続ける。

[check]頼まれてもいないのに、自分から買って出て、過度な自己犠牲を払うことがある。

[check]あなたから相手の怒りを買うように仕向けたり、拒絶されるような言動をしたことがある。

4つ以上当てはまる人は、日常生活のなかで頻繁に「心理的逆転現象」が起きている可能性があります。

「心理的逆転現象」を解除すると、人生が変わります

これを言い換えると、身体の不調や病気は
単にボディ(肉体)だけの問題ではなく

治療には、エモーション(感情)、メンタル(知性)
さらにスピリット(あなたの本体)まで視野に入れた
「4つの側面」からのアプローチが必要だということです。

これがホリスティック医療が実践するアプローチ法です。

4つの側面